スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nの逆襲90-ホッとしたのもつかの間

・・・つづき
とりあえず、会社にお金が入りました。
が、ホッとしたのはつかの間でした。

前にも書いたと思うのですが、県の入札制度が変わり、入札は郵送か、インターネットで行われるようになりました。
“なぜそんなことをするか?”→業者が
談合しないためです。
今までは入札の現場説明会に行って説明を受けます。
そのときに、入札に入る業者を把握し、あとでみんなで集まって、
談合していたました。
入札も県の建設事務所に行って、その会場で、箱に
金額だけを書いたフダを入れていました。

しかし、制度が変わってから、県のホームページで入札の告示を
見て、自分の会社はこの入札に入れると思ったら、
個々に建設事務所まで行き、設計書などを有料でコピーして
もらい、入札日当日までに着くように郵送か、インターネットで
入札書とその入札金額の裏づけになる見積もり金額の入った
設計書
を提出するようになりました。

これで、どの業者が入札に参加するかわからなくなり、
談合はできなくなりました。
そのため、競争が激しくなり、一時期は県の出した見積もり金額
(予算額)より、50%も低く入れる業者もいました。(完全に赤字
それに、このやり方だと、パソコンが使えなければ
入札が行われることさえ把握できなくなり、
今までの土建屋のように土をかき混ぜていればよかったような
古いタイプの土建屋は仕事がもらえなくなりました。

たとえ、パソコンができたとしても、私のように実際の仕事を
ほとんどしたことがない者に、工事の見積もりが出せるはずも無く、
ウチではBY社の社長に入札と見積もりは任せてしまっていました。

そのような仕事の競争が激しい状況で落札した工事は、
予算額の70%ぐらいの金額でしかなく、
黒字になることはほとんどありませんでした。

このときも、BY社の社長がウチの会社の名前で落札した工事で、
ウチが元請、BY社が下請けで工事を行っていましたが、
入札の金額が少ないことを理由に5%しか元請であるウチに渡さず、
残りの工事金を払えと言ってきていました。

・・・つづく

つづきの前にブログランキング
  ↓↓↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.gifお仕事 ブログランキング  ファイブ ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 自己破産
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木の葉ね

Author:木の葉ね
独身、子供なし。東京での仕事を辞め、2002年より父親の会社を経理事務として手伝う。そこから転落が・・・

最新の記事
最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールお気軽に
同じようなお悩みで相談するところをお探しの方、自己破産などについてお答え致します・はじめて私にメールをくださる方は簡単な自己紹介をお願い致します。できるだけ努力いたしますが、都合により返信が遅れることがございます。なにとぞご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
フリーエリア

ソーシャルネットワーキング

SEO対策:お金 :借金 :倒産 :自己破産 :消費者金融 :ペット ::お父さん :お母さん :詐欺:ローン:銀行:障害者:病気
RSSフィード
ブログランキング
↓ブログランキングに参加しています↓ 投票よろしくお願いします↓

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。