スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nの逆襲64-腑に落ちない協定書

契約書といっしょに、協定書を書かされました。
内容は、
「 東五郎山鉱山の企業売買、賃借権移転、鉱山○○権の売買について
売主と売買に関し交渉する権利の受任者である代理人との間にて、
本日、次の通り本書を持って協定する。

1.東五郎山鉱山の売買に関する価格と条件等の決定については、
  本人,代理人、同席のもとに行うものとする。
1.前記売買代金(手附金,中間金,残金等一切の支払金)は
  すべて売主が受領する物とする。
1.また、受領と同時に売主と代理人とで次の割合にて分配するものとする。
         売主50%
         代理人50%      」
と、すごくわかりにくく書いてあるのですが・・・

よく読むと、もしも、この権利が2億円で売れたとすると、
代理人であるN会長に50%の1億円を払わないといけないことになり、
さらに、売主の権利は私とMK専務とBY社の社長の3人になるので、
1億円の3等分の33,333,333円しか私には入らないことになります。
こーゆーのを協定書というのでしょうか?
「儲かったときの山分け書」じゃないの、しかも私にすごく不利な条件の・・・

しかし、ウチの会社に対する借用書には、ただ、「400万円借りた」という内容しか
書いてありませんでした。

N会長は「権利が売れたら、個人の儲けにしてウチの会社には借りた分だけ
返せばいい」と言っていました。

つまり、ウチの会社はいいようにN会長に使われはじめていたのでした。

・・・つづく

 つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif

 

スポンサーサイト

テーマ : 自己破産
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木の葉ね

Author:木の葉ね
独身、子供なし。東京での仕事を辞め、2002年より父親の会社を経理事務として手伝う。そこから転落が・・・

最新の記事
最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールお気軽に
同じようなお悩みで相談するところをお探しの方、自己破産などについてお答え致します・はじめて私にメールをくださる方は簡単な自己紹介をお願い致します。できるだけ努力いたしますが、都合により返信が遅れることがございます。なにとぞご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
フリーエリア

ソーシャルネットワーキング

SEO対策:お金 :借金 :倒産 :自己破産 :消費者金融 :ペット ::お父さん :お母さん :詐欺:ローン:銀行:障害者:病気
RSSフィード
ブログランキング
↓ブログランキングに参加しています↓ 投票よろしくお願いします↓

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。