スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに強制執行されない理由

この前裁判所でもらって来た強制執行の申し立てをされる方のために』
と言うパンフレットをみると、
「勝訴判決などを得たのに相手が支払わない場合、現実に債権を回収するための裁判所の手続」とありますので、
強制執行を行うにはまず、裁判で勝訴しなければなりません。
調停や判決などで『AさんはBさんに30万円払いなさい』っとなったにもかかわらず、払わない場合『強制執行の申し立て』をする事になります。
よく、督促状に「法手続きでの回収に移行させていただく・・・よ」っと書いてあるのもこれですね。
流れとしては 申立ての準備 →申立て →差押命令 →差押え →取立て っとなります。
お金を借りる時に公証人役場で公正証書を作った場合(SFCGなど)は、公正証書が裁判所の判決と同じ効力を発揮しますので、すぐにでも強制執行出来るのです。
そして、差押命令が出るまでに時間がかかると困る場合には、
申立て後すぐ仮差押えをする事もできます。

 差押える物には主に給料、銀行預金、不動産動産などがありますが、
この 1.申し立ての準備で、「相手方の財産の調査(注1)」とあるので(注1)
を見ると
「ご自身で相手方の財産を調査し、何を差押えの対象とするかを決めて下さい(対象とする財産により申立先、収入印紙や切手の額、別途の手続費用予納の有無などが異なります)なお、分かっている財産に対する強制執行を実施しても、全額の支払いを受けられない時など一定の条件を満たせば、財産開示手続(相手方に財産の有無、所在等を申告させる手続)の申立てをすることができます。」

となっていて、
申し立てる方が相手の財産を調べなければなりません。

私の父が強制執行されない理由はここにあります。財産がないのです
給料はもらっていない、銀行預金もない、お金になるような不動産動産もない・・・
前にも書いたように、年金は差し押さえできませんからね。。

しかし、注意が必要なのは、この年金!
年金は父の銀行口座に入る前は年金ですが、口座に入った途端ただの銀行預金になってしまいますので、債権者に銀行口座を知られないようにする必要があるのです。
詳しいやり方はまた今度・・・ー ̄) ニヤッ

また、不動産動産差押える場合には、別途手続費用を予納する必要があるため、手続費用を差し引いても、価値のある物でないと差押える意味がないのです。

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif

 

スポンサーサイト

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

ねこさんへ

家はすでに父の持ち物ではありません。付いていた抵当権ははずしました。

家は、動産にならなかったんですか?

プロフィール

木の葉ね

Author:木の葉ね
独身、子供なし。東京での仕事を辞め、2002年より父親の会社を経理事務として手伝う。そこから転落が・・・

最新の記事
最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールお気軽に
同じようなお悩みで相談するところをお探しの方、自己破産などについてお答え致します・はじめて私にメールをくださる方は簡単な自己紹介をお願い致します。できるだけ努力いたしますが、都合により返信が遅れることがございます。なにとぞご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
フリーエリア

ソーシャルネットワーキング

SEO対策:お金 :借金 :倒産 :自己破産 :消費者金融 :ペット ::お父さん :お母さん :詐欺:ローン:銀行:障害者:病気
RSSフィード
ブログランキング
↓ブログランキングに参加しています↓ 投票よろしくお願いします↓

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。