スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐喝事件の裁判2

検事さんに母と2人で3回ぐらい呼ばれました。
犯人が捕まってから3週間後ぐらいに2回と、
ついに裁判で証人となる直前の1回です。

裁判の直前では、裁判の打ち合わせ、
つまり裁判の本番の前のリハーサルみたいなのをしました。

検事さんは犯人を有罪のするのが仕事ですので、
「もっと、何かひどい事されませんでしたか?」とか
「精神的にどうでしたか?」とか聞かれましたが、
昨年の12月の出来事(この時点で6ヶ月過ぎていました)ですので、
意外と忘れていて、
それより、母の病気や、直前の倒産計画がうまくいかなかった事が頭の中でもやもやしていました。

検事さんは「最後に私が『裁判長に何か言いたい事はありますか?』っと尋ねますので何か思っている事を話して下さい」と言うのですが、
私は「何を話したら良いですか?」と逆に尋ねました。
検事さんは「犯人を厳重に処罰してください!とかそんな感じで良いですので裁判の前にもう一度お聞きします」っと言うのです。

裁判での証人喚問は1週間後、その直前1時間前に裁判所の証人の控え室で聞くと言う事でした。
 検事さんとのリハーサルはなんとかOKをもらいほっとしていると
検事「裁判の日は証人の安全のため、法廷の傍聴席から証人が見えないようにツイタテを立てますので」
え~、なぜ!そんな恐い状況なのか?!(ノ><)ノ ヒィ  ・・・つづく

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 
スポンサーサイト

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

マルオさんへ

私も逃げるのは良くないと思います。
しかし、私の場合、逃げるまもなく難問が向こうからやってくるんです(-_-;)
そーゆー時期だったのでしょうか?

怖かったでしょう ?
でも経験は素晴らしいのです、証人、破産、両親の病気、裁判所の法廷、
人が経験できないことを経験すると言うことは、人間が成長するということです。
何に対しても立ち向かう姿勢ができるからです。
一番強い人は立ち向かう姿勢がある人です、一番弱い人は逃げる人です、
いつも逃げる道を探すからです。

ありがとうーまだむ!
「ついたて」はまだむ正解!
これから本編で書くからね。。

前回のコメント返し→いやいや!その専門用語を羅列するだけじゃなく、丁寧に解説する木の葉ねがとってもいいと思う。ほんとに!

さて、「ついたて」ですが、怖い、、ほんとにそれがあるだけで、「え?仕返しあるってこと?」と心配になっちゃいますよ。でも、、今回の場合、ついたての後ろにいるのが誰なのか、、、や●ざさんはご存知なのよね、、「ついたて」無駄?あ!でも視線や表情で脅されたりしたら、言いたいこと半分になるかもしれないし、そのためにあるんだね。
プロフィール

木の葉ね

Author:木の葉ね
独身、子供なし。東京での仕事を辞め、2002年より父親の会社を経理事務として手伝う。そこから転落が・・・

最新の記事
最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールお気軽に
同じようなお悩みで相談するところをお探しの方、自己破産などについてお答え致します・はじめて私にメールをくださる方は簡単な自己紹介をお願い致します。できるだけ努力いたしますが、都合により返信が遅れることがございます。なにとぞご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
フリーエリア

ソーシャルネットワーキング

SEO対策:お金 :借金 :倒産 :自己破産 :消費者金融 :ペット ::お父さん :お母さん :詐欺:ローン:銀行:障害者:病気
RSSフィード
ブログランキング
↓ブログランキングに参加しています↓ 投票よろしくお願いします↓

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。