スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免責決定と弁護士と払ったお金3

弁護士事務「この前お話した、弁護士費用の事ですが・・・」 ∑(゚□゚;)ドキ! 
弁護士事務「着手金が50万円で残り20万円が弁護士報酬と言うことで領収書
        もそのようになっているのですが」
私はまた同じやり取りの繰り返しか!っと思いながら、
「私は弁護士費用、管財人の費用合わせて70万円でお願いしたつもりだったのです」っと言いました。
弁護士事務「じゃぁ、弁護士とお話しますか?」
私は『なんだ弁護士いるのか、だったら先に話させろよ』と思いながら「ハイ」
と言うと、弁護士さんは来客中だったらしく、個室から「あ~、こんにちは」っと
疲れ気味の顔(いつもですが)を出しました。

弁護士事務の人が弁護士に「弁護士費用、管財人の費用合わせて70万円でお願いしたつもりだったと言ってます」っと説明すると
弁護士「全部で70の予定だったの?」
  私 「ハイ、そうなんです」(´・ω・`)ドキドキ!
弁護士「そー、ならいいや!」
ガクッ!『いいや』って、
えーーー、いいのかよ!なんだ、弁護士料って言い値か?
もっとマケテと言ったら負けてくれるのか?っと思ったのですが、
私「あははー、よかったです。ありがとうございます。」A´ε`;) 
っといって弁護士事務所をあとにしました。

『危ない危ない!!!あと20万円ねって言われて、素直に払ってたら損するところだったよ。まったく人の弱みに付け込んで来るのは弁護士もヤクザも一緒じゃないの?
どおりで同じ匂いがする訳だ!弁護士だからって正義の味方とは限らないのだね。
弁護士の数が増えて、競争が激しくなってくるから、貧乏人からお金を剥ぎ取るようなハイエナのような弁護士が増えるとイヤだな~。。
今回は「いいや」ですんで良かったけど・・・』っと思った1日でした。┐(-。-;)┌ 

・・・反撃シリーズはつづくか?

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

スポンサーサイト

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

免責決定と弁護士と払ったお金2

その後、2日たっても弁護士から連絡が来ませんでした。
連絡が来ないって事は、私の意見が通ってるってことでしょう。
そうでしょ。。
「70万円でOKだよって事だ!間違いナイ!」っと長井秀和のように納得した。
どっちにしろ、免責決定の通知を受け取れば、あとは弁護士に用はない訳で、
とっとと、通知を受け取りに行こうと思い、
「今日、免責決定の通知を受け取りに行きます」っと弁護士に電話しました。

弁護士事務所に着きちょっとドキドキしながら「こんにちわ」っと中へ入ると事務の方が2人カウンターの向こうにいました。
この事務所には何度も来ているので、私の顔はわかっていて、すぐに個人の免責決定の通知(原本)と会社と私の破産手続の廃止決定通知(コピー) を渡されました。
破産手続の廃止決定通知はなぜコピーなのか良くわかりませんでしたが原本は弁護士が預かっておくのだそうです。
内容は
破産手続の廃止決定通知のほうが
破産者 ○○建設株式会社(ウチ) 
主文  本件破産手続を廃止する。
理由  破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認める。
・・・個人も同じ文面です。 

免責決定の通知のほうは
破産者 木の葉ね
主文  破産者について免責を許可する。
理由  破産者には破産法252条1項各号に揚げる免責不許可事由に該当す
     る事実は認められない。
         以上です。
あ~“間違いナイ!”((^^;) 

弁護士事務「この前お話した、弁護士費用の事ですが・・・」 ∑(゚□゚;)ドキ!

  ・・・つづく

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

免責決定と弁護士と払ったお金

先週の事、(債権者集会と維持廃止、免責決定の裁判から1週間後)
「免責決定の通知が弁護士宛に届いたので取りに来てください」と
弁護士の事務の方〔パラリーガル(法律事務職)って言うんだって〕から電話がありました。
私は「わかりました。取りにうかがいます」と返事、

弁護士事務「それから、弁護士から木の葉ねさんに弁護士費用として、
        あと20万円請求するようにと言われていますので・・・」
  私「ハッ???なんのことでしょう?」
弁護士事務「当初の50万円は着手金で弁護士報酬があと20万円なのですが」
   私 「えっ、イヤ、全部で70万円ってお話だったはずですが・・・(´・ω・`)」

弁護士事務「えっと、弁護士の方から、着手金50万円、管財人の費用20万円
        で、残り弁護士費用20万円と聞いています。」
   私 「あ~?そーうですか?」って電話を切りました。

良く考えても、全部で70万円って話だったはずおかしいよ~、とりあえず、A師匠に電話
  私 「師匠ぉ~!弁護士があと20万円よこせって言ってるんですけど・・・(T_T)」
A師匠「え~ッ!あの時全部で70万円だって言ったよね。
   アル中だからとぼけちゃってるんじゃないの、
   弁護士費用と管財人費用、全部で70万円
   でお願いしましたってもう一回電話してみて!!!


私は再度、弁護士の事務に電話しそのことを伝えると
弁護士事務「じゃ、弁護士に確認しておきます。」っと・・・
やっと免責決定してホッとしたところなのに、昨日まで味方だと思っていた弁護士からそんな請求されるなんて、ありえないよ、ボッタクリじゃないの(`A´)

・・・つづく

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

裁判所で債権者集会がありました。。6 個人

個人の「破産法157条の報告書」も会社とほぼ同じ様式で書かれていました。
 2ページ目の財産目録 
1 破産予納金200,000円 
2 現金    放棄予定 
3 預貯金 2行2口座分で2,500円 放棄予定
4 貸付金(ウチの会社に私が貸し付けたお金18,304,888円) 放棄予定
5 管財人の口座の利息が33円、資産の合計は200,033円です。 

3ページ目 収支計算報告書
収入の部は200,033円
支出の部は、なし
通帳残高は200,033円
未払公租公課(私の未払の税金です) 0円
私は個人の税金だけは滞納がありませんでした。
よって、200,033円は破産管財人の費用となります。 

個人の場合も税金の滞納がある場合は管財人の費用を引いたあと、一番に税金を支払います。
会社と違うところは、自己破産しても個人の税金だけは払わないといけないので、税金(固定資産税、自動車税、所得税、住民税等)の滞納がある場合は自己破産以後、公的機関と話し合い、分割で支払っていくようにしないと、滞納税金のある公的機関から給与または預金口座の差し押さえを受けることもありますので注意が必要です。
この国で生活する以上、とにかく個人の税金だけは払っておくことです。
 「破産法157条の報告書」に一通り目を通し、
裁判官「問題ないようなので、会社個人とも維持廃止と言うことでよろしいですね」
全員うなずく
裁判官「では、維持廃止、免責決定と言うことで、終わります。」

・・・っと、あっけなく終わった。
弁護士に、後日、免責決定の通知が弁護士宛に届くので取りに来てくださいと言われました。
裁判のあった部屋から出て1階の廊下で管財人の弁護士と私の弁護士に「ありがとうございました。」と挨拶をし、裁判所を出て時計を見ると2時26分でした。
破産の裁判は26分以内で終わったと言うことです。
ちょっと拍子抜けと言うか、「これだけ?」って感じでしたが、無事終わってホッとしました。A´ε`;)゚・゚

・・・破産までの体験記はまだまだつづきます。($・・)/~~~

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

裁判所で債権者集会がありました。。5 債権者が・・・

・・・昨日からのつづき
裁判官「ですから、債権者への配当はないと言うことです。」

  社長「だから、工事の金が入ったら払うと言われていたので、それはどうなったの
     かと・・・」
裁判官「いや、そー言うことではなくて、○○建設に他に隠している財産があるのを
     知っているとか、他の場所に機械がおいてあるとかはないですかと聞いて
     いるんです」

  社長「・・・そーゆーのは知らないけれども、工事の金が入ってないのかと・・・」
裁判官「そのお金が入ったかどうか、裁判所の方ではわかりませんが、会社で
     すから入ったお金は、材料費に払ったり、人件費に払ったりする訳です。
     で、現在破産管財人が調べた所、45,002円しかないと言うことです」
     (イラつき気味に)

  社長「そーですか、○○建設が金をもらう所はBY社など支払いのきれいな所だ
     から工事の金が入っていない訳はないのだけれど・・・」

 BY社の下請けでM工業さんに型枠を依頼したその工事のお金を私は見ていない、
 BY社から支払われたのか、それをMK専務が現場の従業員と分けたのかも定か
ではない。
私はだまされたのだ。
しかし、それを破産の裁判で話しても無駄である。
ただ裁判が長引き、その為の費用がかかるだけなので、あえて言わない事にした
のだ。
 M工業さんには悪いことをした。
しかし、私も何とかしようと努力して、M工業さんには毎月少しずつ個人的にサラ金
から借りたお金や、父の年金で支払いをしてきた。
会社を経営していれば、不景気や取引先の倒産、不渡り、支払い拒否など、
倒産破産は当たり前のように存在します。
限界でした。M工業さんごめんなさい。。

裁判官「では、ないようなので、これで終わります。M工業さんは退廷して下さい」 
M工業さんは「勉強になりました」と言って部屋を出て行きました。 

裁判官「続いて、個人の方に移ります」・・・つづく

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

裁判所で債権者集会がありました。。4 債権者が・・・

M工業さんとの取引はたぶん10年ぐらいになると思います。
父が元気だった頃、父の友人の紹介で型枠の仕事を依頼するようになりました。

最初の頃は、忙しい時だけ頼んでいましたが、
父が病気になり、MK専務が現場をやるようになってからは、
専務が型枠などの細かい仕事をしなかった為ほとんどの型枠をM工業さんにお願いしていました。

債権者集会に来た社長は、海釣りが趣味で、よくアジやカンパチなどの魚をいた
だたりして、仲良くさせてもらっていました。
ウチが払えなかった金額は70万円ほど、債務としては多い方ではないですが、
仲良くしていた過去があるだけに心が痛くて、私は社長の顔をまともに見れず、
うつむいていました。
裁判官に「債権者への配当はないと言うことですが、何かありますか?」と言われ
M工業の社長は「工事の金が入ったら俺の方へ払ってくれると言われていたが、その金は入ったのか?」と聞きました。
・・・つづく

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

裁判所で債権者集会がありました。。3「破産法157条の報告書」

破産法157条の報告書」・・・つづき
午後2時に裁判は始まりました。
裁判官「では、○○建設の破産事件の裁判を始めます。管財人の方からどうぞ」
管財人「ハイ、報告書のとおりです」全員、破産法157条の報告書を見る

破産管財人は私と会社が「破産手続開始決定」を受けてからの約3ヶ月間破産財団を作り、私と会社の財産を調べて、お金になる物はお金にして財団に組み入れた。その結果の報告書を作成しました。
それが「破産法157条の報告書」です。
まず、会社から1ページ目 
1 破産手続開始の決定に至った事情
  破産手続開始申立書のとおり 
2 破産者及び破産財団に関する過去及び現在の状況
  破産手続開始申立書及び財産目録記載のとおり 
3 損害賠償請求権の査定の裁判、その保全処分を必要とする事情の有無(破産者が法人の場合)
  無
 2ページ目 財産目録
銀行口座、9口座の残高合計は1,300円ぐらい、全て放棄予定、回収額は0円
出資金が2行にあり、合計40,000円
車両(自動車)を会社から買い取ったので、5,000円
不動産、会社の備品、車両保険は価値がないので全て放棄で
管財人の口座の利息が2円、資産の合計は45,002円です。
 3ページ目 収支計算報告書
収入の部は45,002円
支出の部は、なし
通帳残高は45,002円
未払公租公課(会社の未払の税金です) 363,614円
未払いの税金があると、一番に税金に支払いをすることになるので、この、45,002円は全て税金の支払いに当てられると言うことです。

「っということで、債権者への配当はないと言うことですが、これについて、M工業さん、何かありますか?」っと裁判官は債権者に向かって言った。
・・・つづく

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

木の葉ね

Author:木の葉ね
独身、子供なし。東京での仕事を辞め、2002年より父親の会社を経理事務として手伝う。そこから転落が・・・

最新の記事
最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールお気軽に
同じようなお悩みで相談するところをお探しの方、自己破産などについてお答え致します・はじめて私にメールをくださる方は簡単な自己紹介をお願い致します。できるだけ努力いたしますが、都合により返信が遅れることがございます。なにとぞご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
フリーエリア

ソーシャルネットワーキング

SEO対策:お金 :借金 :倒産 :自己破産 :消費者金融 :ペット ::お父さん :お母さん :詐欺:ローン:銀行:障害者:病気
RSSフィード
ブログランキング
↓ブログランキングに参加しています↓ 投票よろしくお願いします↓

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。