スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田十勇士より

最近の過払い請求。
消費者金融も苦しいのか、以前は開示請求をお願いすると
短期間で話がまとまり終了するのですが、 
最近は提訴までしないと解決に至りません
 
又、以前は、提訴すれば第1回までに和解になることが多かったのですが、
最近の武富士は2回以上期日を経てやっと和解の話をしてくれるという
状況です。
こちらから催促の電話をしても、担当者とつながらず、
FAXもずっと話し中という有様。
支払いもかなり先になることが多いです。

他の消費者金融もそうですが、相当苦しいのでしょう。

法律事務所がパチンコ業界並みに過払いのテレビCMを流す時代ですから…

当節の世の中すべてがスピードで変わってゆく時代ですね





木の葉ね「なっとく!!!」




つづきの前に ブログランキング
  ↓↓↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.gifお仕事 ブログランキング  ファイブ ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 自己破産
ジャンル : ファイナンス

民事再生制度について思った事

今日は、昨日書いていて思った事です。。
 『民事再生制度は自己破産とは異なり、免責不許可事由という概念がないので、破産者が、ギャンブルや浪費によって借金を作ってしまった場合でも民事再生を利用することで大幅な債務整理ができる』

ねこさんがコメントしてくださったように民事再生が増えているって事は、
ギャンブルとか浪費などで訳ががわからない内に借金まみれになってしまった人
が多いってことですよね
でも、自宅のローンはそのままにして住み続け、ギャンブルなどで遊んで作った他の借金は減らして少しだけ払っていくってなんだか都合がいい話のような気がしますが・・・
まーいろんな人がいるので、これを機会に心を入れ替えていただければ良いのではと思います。

 『他にも問題点があり、例えば、住宅ローンの抵当権が付いていても大丈夫だけれど、住宅ローン以外の担保権(抵当権または根抵当権)が付いている場合は民事再生の住宅ローンについての特則を利用することはできないとか』
この点をウチのケースに当てはめると、ウチは住宅ローンの他に事業資金として銀行から借入れしたさいの、根抵当権が付いていた為ダメだったことになりますね。
 
あと民事再生で付け加えたいことは、申請が難しいため弁護士さんにお願いする場合がほとんどと思われ、弁護士費用と裁判所にかかる費用で自己破産を自分で行うよりかなり高額の費用が必要になると思います。
実際にいくらかかるか知りませんけどね"^_^"

民事再生では、債権計画案を作りそれをもとに債権者に意見や回答を求めますが、その計画案では認められない場合もあるようです。

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

民事再生制度について

民事再生制度は会社と個人の両方が対象になった再建制度ですね。
自己破産の場合は借金は全てなくなりますが、財産もすべて失うことになります。
民事再生制度は会社も個人も同じですが、ある程度の定期的な収入があり、不動産を手放さずに、今ある借金を大幅圧縮することができる債務整理の方法です。

なぜ大幅圧縮することができるのか?
民事再生手続きでは債務総額に応じて最低弁済しなければならない金額が定まっていて、これに資産を持っている人はその金額が加算されて、その金額を再生手続きの中で原則3年以内に弁済していくため、その弁済金額以上の債務は免除をうけられるという手続きだからです。

 自己破産の手続きを行うと不動産は処分されてしまいますので、不動産を維持しながら借金の整理をするには任意整理、または特定調停の手続きを行うしかなかったのですが、
任意整理または特定調停では借金の元金は返済していかなければならず、実際に住宅ローンを含めて返済をしていくのは難しく無理な場合が多かったようです。
 民事再生では、住宅ローン以外の借金はかなりの額を小さくすることができるようで、住宅ローンを返済しながら残った借金を返済していくことが可能です。 

それと、この制度には、自己破産とは異なり免責不許可事由という概念がないので、破産者が、ギャンブルや浪費によって借金を作ってしまった場合でも民事再生を利用することで大幅な債務整理ができますし、
自己破産をしてしまうと一時的に業務停止になってしまう資格(弁護士、行政書士、司法書士なのど公的資格)で仕事をしている人でも民事再生で債務整理がきるのだそうです。

  それから、ある程度定期的な収入がなくてはダメで、定期的に収入があれば個人事業主、サラリーマン、フリーター、派遣社員、年金収入がある、などでも出来るのですが、逆に収入がないと出来ません。
その他、個人では住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円を超えない人が利用できるようです。
他にも問題点があり、例えば、住宅ローンの抵当権が付いていても大丈夫だけれど、住宅ローン以外の担保権(抵当権または根抵当権)が付いている場合は民事再生の住宅ローンについての特則を利用することはできないとか、いろいろ細かい決まりもあり、
会社の場合は債権者との話し合いなどが長期にわたると予想され、その点で弁護士さんに付いてもらわないと難しいと思います。
話が難しくなると弁護士費用もかさみますね。(>_<) 
話し合いが決別した場合は民事再生制度を適応できなくなり、会社更生手続に変更しなくてはならなくなったりします。
民事再生と会社更生の違いは、大きくは民事再生では役員は退陣しなくて良いのですが会社更生では現行の役員は退陣しなければなりません。 

で、マイホームや処分されると困るような財産がない場合は、わざわざ民事再生を選択するメリットがないので、自己破産をしたほうが簡単な訳です。

ウチの会社の場合は、処分する財産はほぼない状態でしたし、定期的な入金もない、私のほうにも財産はなく、資産証明書に「なし」っと書いてありました。もちろん定期収入もないし、ギャンブルで作った借金でもないので、破産が、費用の面からも時間の面からも良かったわけです。(^^♪
 お分かり頂けたでしょうか?

つづきの前にブログランキング↓ポチっと応援、お願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

債務整理の簡単な方法

今回は、先日相互リンクしていただいた、サラ金整理記録のMeさんのようなケースで簡単に債務整理が出来る方法を書きたいと思います。と言っても条件付です。

Meさんは病気になられた義父さんの多重債務を弁護士さんにお願いして、任意整理されたそうですが、15日にその義父さんはご病気で亡くなられたそうです。

私の提案する整理方法は弁護士さんを頼みません。
条件と言うのは
1.債務者病気で余命幾ばくもない
2.債務者本人の借り入れのみの整理
3.土地建物などの子孫に残したい財産がない、又は、財産はなくなっても良い
4.又は、その土地建物などに抵当権がついていない、又は、すぐにはずす事が出来る
この条件ですと、Meさんの場合は当てはまらなくなりましたが・・・

上記の条件で、私の提案する方法は“債務者が亡くなった後の財産放棄”です。
債務者が亡くなった日から3ケ月以内に、裁判所に相続放棄の手続きをします。
全ての財産を相続人が放棄する事により、債権も消えますが、
他の財産も相続できません。
子孫に残したい不動産がある場合は、出来るだけ早い段階で名義の変更が必要ですし、その時、売買契約でその契約書を作って登記する事です。
すると、その財産を買った方のところへ不動産取得がかかってきますが、
現在は、の軽減制度があり取得した本人が住む場合と将来住む予定でも公共料金の支払い名義を変更するだけで、かなりが軽減されます。
(詳しくは管轄の地方事務所へお尋ねください)

なんか、難しくなってきましたが(・・;)

可払い請求を自分でする方も増えてきましたが、病気債務者には難しいでしょうね。

あと、1.のような病気がわかった段階でサラ金などの支払いはストップして
大丈夫と思います。電話による取立ては、債務者病気で電話に出られない
と伝えると、かかってこなくなります。
はがき等の督促状は来ますし、法的手続きをとるぞーとか書いてありますが、すぐには何も起こりません。
経験上、半年は待ってくれますし、病気の人にすぐ法的手続きはしないようです。

それと、債権者に掛けていた生命保険の保険金は受取人のものなので、解約する必要はありません。受取人が債権者本人の場合は変更が必要ですね
参考になりましたでしょうか?

ブログランキング↓ポチっとお願いします。
人気blogランキング fc2ブログランキングに一票を にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ 
20070708184848.giffive_red.gif
 

 

プロフィール

木の葉ね

Author:木の葉ね
独身、子供なし。東京での仕事を辞め、2002年より父親の会社を経理事務として手伝う。そこから転落が・・・

最新の記事
最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールお気軽に
同じようなお悩みで相談するところをお探しの方、自己破産などについてお答え致します・はじめて私にメールをくださる方は簡単な自己紹介をお願い致します。できるだけ努力いたしますが、都合により返信が遅れることがございます。なにとぞご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
フリーエリア

ソーシャルネットワーキング

SEO対策:お金 :借金 :倒産 :自己破産 :消費者金融 :ペット ::お父さん :お母さん :詐欺:ローン:銀行:障害者:病気
RSSフィード
ブログランキング
↓ブログランキングに参加しています↓ 投票よろしくお願いします↓

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。